歯石と歯垢の関係を考察する。歯垢は虫歯菌が住み着くので落とすべきだが失敗すると歯石になる。

トップページ >

インプラントとは、簡単に言えば人工の歯を取り付

インプラントとは、簡単に言えば人工の歯を取り付ける技術のことです。

虫歯や怪我が原因で歯がなくなってしまったところに人工の歯の根っこをつけ、そこに歯を植え付けるのです。

インプラントは健康保険の適用外であるためかなり高額になり、1本の価格は20万円〜50万円もかかります。

みなさんは高いと思っているのではないかと思いますが、インプラントは技術の習得など色々大変で初期費用がかなりかかるため、仕方ありません。

インプラントが凄いのは、単なる入れ歯とは違い、歯や歯茎にかかる負担を抑えることができることです。

患者第一で治療をしている歯医者であれば費用については間違いなく説明してくれますので、早まらずちゃんと分かるまで話を聞いて、それから治療を受けましょう。

ハミガキはブラッシングに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシ一緒に用いることが大事です。

大阪での実験結果では、ブラッシングのみだと歯垢が6割強しか落とせないのに対し、デンタルフロスを一緒に使用することで80%まで増加すると分かったのです。

歯垢にはストレプトコッカス・ミュータンス菌が存在していますので、確実に落とすことができないと、酸が歯の表面を溶かして虫歯が進行してしまうのです。

歯間ブラシの使い方は習熟が必要なので、知識がないという人は歯科に行った時に教えてもらうべきです。

深夜は口腔ケアによって歯垢をしっかり清掃することが大事なのですが、深夜はツバの出る量が少なくなる時間帯で、細菌が繁殖しやすいというのがその理由です。

ブラッシングを指導してくれる歯医者は予防歯科という言葉をホームページの1ページに書いているのが普通です。

ハブラシの取替ををする間隔はその人次第ですが、歯医者さんがおすすめするスパンは案外短期間で、1ヶ月程なのです。

歯ブラシは見た目には汚くなくても、時が経過することで毛の先端に細菌がたくさんつきますので、想像以上に不衛生なのです。

また、毛が開いた状態だと歯と歯のすきまにブラシが到達しないので、歯垢をちゃんと落とすことが不可能になるのです。

歯ブラシは毛のやわらかさに個性があるのですが、どちらかを選べと言われればやわらかめのものを使うのが正解です。

お金持ちの客層を狙い、品質の高いハブラシも売られていますが、歯ブラシには1本あたりでお金を使うのではなく、毎月取り替えるのが最も効果的です。

ブラッシングがちゃんと出来ると歯の再石灰化が行われ、歯周病になりにくくなりますので、その価値を理解して一度はちゃんと勉強すべきです。

明石家さんまみたいな歯にしたいと願う人

明石家さんまみたいな歯にしたいと願う人が活用する手段の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングは歯科に通って行うという方法もありますが、自宅で行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、患者専用のマウスピースをまず作り、そこに薬剤を入れたものをほぼ毎日3時間くらい装着することで行います。

ホワイトニングはふつう、2週間もあれば変わったと思えるのが普通ですが、毎日マウスピースをはめていなかったり、適当に扱っていれば、白くならなくても仕方ありません。

ホワイトニングで実現できる歯の白さの水準は8段階くらいに分けることができますが、明石家さんまみたいに不自然なほど白くなるのは期待してもそこまで到達しません。

なお、ホワイトニングの薬は健康への悪影響はないのですが、過剰反応があるような人の場合は万が一がないとは言い切れませんので、最初から歯科医師に伝えないと責任転嫁できません。

糖尿病と歯周病は素人目には何のつながりもありませんが、本当はかなり関わりが高いのです。

糖尿病にかかると体の抵抗力が低下するので、歯周組織が口の中にいる細菌に感染しやすくなり、その結果、歯周病にもなる人が多いのです。

また、糖尿病の持病のある人は唾液の分泌が不足するので、口の中の状態をアルカリ性に中和する作用が弱くなり、虫歯や歯周病を引き起こしやすいわけです。

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が通常よりも下がることがあるので、これが理由となって歯周病が糖尿病の治療にマイナスなのではないかと考えられているのです。

血糖値が高くても自分では分かりませんので、糖尿病にかかっているということに気付けない人がほとんどですが、歯の定期検診によって糖尿病の可能性に気付くことがあるわけです。

糖尿病だけでなく、口腔内の健康は全身の状態に直結しているという考え方もあるくらいですから、歯磨きは正しく行いましょう。

歯磨き剤を買う基準の1つとして、発泡剤が入っていないものを選ぶ方がおすすめです。

発泡剤が良くな理由は、歯磨きの最中に泡で口の中がいっぱいになるため、良い歯磨きをしたという気分になるのですが、その勘違いは正した方がいいです。

むしろ、泡が立つことによって歯の汚れが全然見えないので、汚れを落とすべきところをきちんと磨くことができないという欠点があるのです。

ブラッシングは口腔環境を改善することが目的ですから、その障害に含まれている歯磨き粉が歯医者さんからOKされないのは明らかです。

歯磨き粉の成分には色々なものがありますが、おすすめできないものはコレ以外に研磨剤も良く言われます。

研磨剤は少しずつ歯を削ってしまうので、目先には歯がツルツルになったような、長期的には歯に着色してしまうきっかけになるわけです。

歯磨き剤は使わなくても良いと言っている歯医者の方が多いので、少なくとも先入観だけで判断するのはやめた方がいいです。

歯をみがくノウハウに自信は持っていますか

歯をみがくノウハウに自信は持っていますか?歯磨きは、これから言う3つのポイントに気をつける必要性があるらしいです。

1つ目として、歯ブラシの毛の先端を歯と歯茎の境界や、歯と歯のあいだにきちんと当て、しっかりと磨いて食べ残しを取り除くことが大事です。

2つ目に、歯ブラシを支える手に力を入れすぎてはいけませんので130g〜200g程度の軽いエネルギーで歯ブラシの毛先が広がらない程度にしましょう。

最後は歯ブラシを小刻みに動かし、歯を1本ずつきちんと磨いていくことなのです。

歯磨きの目的は何個もありますが、一番の理由は食べかすを口内から取り除くことで、これができませんと口腔疾患の原因となって、80歳で15本以上の歯を残すことは難しくなるでしょう。

歯垢は水に溶けず、くっつく力があるのでうがいだけでは除去が不可能ですので、ハミガキがどの程度正しく出来ているかが決め手になるとのことです。

フッ素を用いた歯磨き剤を息子に使わせるのは危険ではないか、と悩む母親が多くいます。

その理由は、フッ素をあまりにも多く摂取すると、斑状歯や骨硬化症と言った病状が出るかもしれないから、ということです。

フッ素は、一定の量を超すような多量のフッ化物を含有している飲み物を飲んだら、健康に悪い影響がある可能性があるということは、お医者さんの共通認識です。

つまり、別の言葉で言えば、歯磨きから取り込む程度の量だとしたら、大げさに気を揉むことはないというのが普通ですから心配しないでいいですよ。

逆に、フッ素を使用しているのが言い訳になり、ついつい甘くなってしまい、食事に甘いものを多く与える方がよっぽど問題があります。

歯磨き剤を買う基準の1つとして、発泡剤が使われていないものを選ぶのが良いです。

発泡剤が入っていると、歯を磨いた時に口の中が泡立つため、しっかり歯を磨けたという気分になるのですが、それはあくまで気の所為です。

かえって口の中が泡でいっぱいになることで歯の汚れがどこだか分からず、磨くべきところを確実に磨くことができないというマイナス点があるのです。

ブラッシングは口腔環境を改善することが目標なので、その障害に含まれている歯磨き粉が歯医者さんからOKされないのは仕方ないです。

歯磨き剤の材料には色々なものがありますが、歯科医がすすめないものとしてコレ以外に研磨剤も良く取り上げられます。

研磨剤は歯の表面を削ってしまうので、一時的に歯が白くなったような思い込みが生じますが、長期的には歯に着色してしまうきっかけになるわけです。

歯磨き剤は必要性を感じないと言っている歯医者さんもいるくらいなので、少なくともイメージだけで決めつけるのは良くないです。

歯磨き粉を買うのであれば、発泡剤が不使用と明記され

歯磨き粉を買うのであれば、発泡剤が不使用と明記されているものが望ましいです。

発泡剤入りの歯磨き粉をおすすめしない理由は、歯を磨いた時に泡で口の中がいっぱいになるため、良い歯磨きをしたという気分になるのですが、その勘違いは正した方がいいです。

かえって口の中が泡でいっぱいになることで口の中がよく見えず、清掃するところをちゃんと清掃できないという欠点があるのです。

ブラッシングは口の中をきれいにすることが目標なので、その障害に成分として使われてる歯磨き粉が不適切なものであることは明白なのです。

歯磨き剤の材料には様々なものが使われていますが、おすすめできないものはその他に研磨剤もその1つとして指摘されています。

研磨剤は歯を薄くですが削ってしまうので、一時的に歯がきれいになったような気分になるのですが、使い続けると歯に白以外の色がつくきっかけになるわけです。

歯磨き剤は不要だと力説する歯医者が大多数なので、最低限、先入観だけで選ぶのはやめましょう。

歯ブラシの取替ををする期間は人によって違いますが、専門家がおすすめするスパンは驚くほど短期間で、3週間程度です。

歯ブラシはパッと見はきれいでも、時が経つと毛の先端に目に見えない細菌がたくさんつきますので、想像以上に不潔なのです。

また、毛が開くことによって歯と歯の隙間に先端が届きませんので、食べかすをきれいに落とすことが不可能になるのです。

歯ブラシは毛の先端の程度に違いがあるのが普通ですが、どちらかを選べと言われればやわらかめのものを選択するのが無難です。

裕福な客層を狙い、高品質の歯ブラシも発売されているのですが、ハブラシには1本あたりで予算をかけるのではなく、頻繁に交換するのが一番いいです。

ブラッシングが確実にできていると歯の再石灰化ができ、虫歯になりにくくなりますので、正しく理解するために時間を作って一生懸命学習した方がいいです。

歯周病とは、歯垢に棲みつく細菌が原因で歯茎に炎症が生じ、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病のせいで歯がなくなることもあります。

大人の口内には200種類〜500種類の細菌(虫歯菌もその1つ)がいますが、これらが固まると歯石となり、やがて歯肉に炎症を引き起こすのです。

歯周病の原因は歯磨きができていないこと以外にもたくさんあり、タバコ、食生活、歯ぎしり、糖尿病、ストレス、薬などがあります。

歯周病は医師の努力でできるようになってきましたが、やはり完治させることはできないので、基本的には定期的に歯科健診を受けて予防しましょう。

そのため、虫歯にしても歯周病にしても、まずは歯磨きがすべてと言っても過言ではありませんので、歯医者さんに正しいブラッシングなどを指導してもらい、可能な限り未然に予防するよう努力しましょう。

歯周病と糖尿病は素人が見れば何のつながりもありませ

歯周病と糖尿病は素人が見れば何のつながりもありませんが、本当はかなり関わりが高いのです。

糖尿病にかかると体の抵抗力が落ちますので、口腔内にいる細菌に歯周組織が容易に感染するようになり、その過程で歯周病にもなりやすくなってしまうのです。

また、糖尿病の持病のある人は唾液が減るので、口の中の状態をアルカリ性に中和する作用が弱くなり、虫歯になりやすいというわけです。

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が健康な人と同じくらいになることがあるので、ここから歯周病が糖尿病悪化の原因ではないかと想像できます。

高血糖は、糖尿病が進行していない限り自覚症状がありませんので、糖尿病に罹患していても気付けなくて当たり前なのですが、虫歯の治療がきっかけでもしかしたら糖尿かもと知ることができるのです。

糖尿病だけでなく、口の中の健康は全身の状態に直結しているという考え方もよく聞きますので、歯磨きは時間をかけて行うようにしましょう。

歯ブラシの取替ををする間隔は人それぞれですが、専門家がすすめている期間は案外短く、1ヶ月くらいです。

ハブラシは見た感じは汚くなくても、時が経過すると毛の先端に細菌が無数につきますので、素人の想像を越えて汚れているのです。

また、毛が開いてしまうと歯と歯の隙間に先端が到達しないので、食べかすをきれいに除去することが出来ないのです。

ハブラシは毛の先端の程度に個性が色々ありますが、やはり普通のを使用するのが正解です。

お金に余裕のある客層を対象に、品質の良い歯ブラシも売られていますが、歯ブラシには1本あたりでお金を使うのではなく、毎月替えていくのが最も効果的です。

ブラッシングが確実に出来ると歯の再石灰化がうまくいき、歯周病になりにくくなりますので、軽く見ないで今のうちに確実に学習すべきです。

フッ素入りの歯磨きを子どもに用いるのは危なくない?と気を揉む親がたくさんいます。

その理由は、フッ素を標準より多く取り込むと、斑状歯や骨硬化症と言った病変が生じるかもしれないから、ということです。

フッ素は、基準値を超えるような異常なフッ化物を含む水分を飲めば、歯に悪い効果が生じる危険性があるのは、歯科医の統一見解です。

つまり、別の言葉で言えば、歯磨きで取り入れる程度の量であれば、過剰に気を揉む必要はないというのが定説ですので心配しないでください。

逆に、フッ素を使用しているということが理由で、ついつい甘くなってしまい、おやつに甘美な食べ物を多く与えてしまう方が問題があります。

インプラントとは、簡単に説明する

インプラントとは、簡単に説明すると失われた歯を補う技術。

歯周病や怪我が原因で歯がなくなってしまったところに人工の歯の根っこをつけ、そこに歯を植え付けるのです。

インプラントは健康保険の適用外であるためとても費用が高く、1本の価格は20万円〜40万円になるのも珍しくありません。

そんなにバカ高いのかとお思いかもしれませんが、インプラントは歯科で導入するために初期費用がかなりかかるため、納得して支払うほかありません。

インプラントの利点は、単なる入れ歯とは違い、周囲の歯にかかる負担を少なくすることが可能な点です。

真面目に治療を行っている歯科医であればきちんと費用や効果について説明してくれますので、治療に先立ってちゃんと分かるまで話を聞いて、それから治療を受けましょう。

糖尿病と歯周病は素人目には全く別々の病気でしかありませんが、両者はとてもつながりがあるのです。

糖尿病に罹患すると生体本能である抵抗力が下がるので、歯周組織が口の中にいる細菌に容易に感染するようになり、その結果、歯周病にもなる人が多いのです。

また、糖尿の人は唾液が普通の人よりも少ないので、口の中がアルカリ性になるのが遅く、虫歯になりやすいというわけです。

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が通常よりも下がることがあるので、これが理由となって歯周病が糖尿病を悪化させるのではないかと想像できます。

血糖値が高いことは普通、自覚することができませんので、まさか自分が糖尿病だと気付けない人がほとんどですが、虫歯の治療がきっかけで血糖値が高いことに気付くことが珍しくありません。

糖尿病だけでなく、口腔内の状態は全身の状態に直結しているという考え方もあるくらいですから、口腔ケアはちゃんと習慣化しましょう。

歯を磨く方法に自信はありますか?歯磨きは、次の3つのポイントに気をつける必要性があるそうです。

最初に、歯ブラシの毛の先を歯と歯茎の境界や、歯と歯の隙間に確実に当て、確実にブラッシングをして歯垢を除去することが大事です。

次に、歯ブラシを握る手に力がムダにかかってはいけませんので100g〜220gくらいのわずかな力で歯ブラシの毛先が広がらない程度にすることです。

3つ目は歯ブラシを微細に振動させ、歯を1つずつ丁寧に磨いていくことです。

ハミガキの理由はいっぱいありますが、一番大事なのは歯垢を口腔から除去することで、これが出来ないと虫歯の原因となって、80歳で15本以上の歯を残すのは難しくなるでしょう。

歯垢は水に溶けにくく、粘着力があるから洗口では取り除くことができませんので、歯磨きがどれだけきちんと実行できているかが決定打になるのです。

歯を磨く仕方に自信は持っていますか

歯を磨く仕方に自信は持っていますか?歯磨きは、次の3つのポイントに注意する必要性が有ります。

最初に、歯ブラシの毛の先端を歯と歯茎の境目や、歯と歯の間のところにきちんと当て、しっかりとブラッシングをして歯垢を掻き出すことが必要です。

次に、歯ブラシを支える手に力を入れすぎてはマイナスなので100g〜180g程度の軽いエネルギーで歯ブラシの毛先が広がらない程度にしましょう。

3つ目は歯ブラシを小刻みに動かして、歯を1本ずつ間違いなく磨いていくことのようです。

歯磨きの必要性はいくつかありますが、一番大事なのは歯垢を口腔から除去することで、これが出来ないと虫歯の原因となって、80歳で18本以上の歯を残すのは無理です。

歯垢は水溶性がなく、粘着性があるために洗口では取り除くことが不可能ですので、歯間ブラシがどのくらい確実に行われているかが決め手になるらしいです。

笑った時の歯の色にコンプレックスを持つ人が活用する手段の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングは自分で何もしなくていいも1つの選択肢ですが、奥さんにやってもらうホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、患者オリジナルのマウスピースを作って、そこに薬剤を投入して2日に1度、90分くらい装着することで行います。

ホワイトニングは、2週間もあれば白くなったと感じるのが標準なのですが、しっかりマウスピースを使っていなかったり、面倒でさぼったりすれば、白くならなくても仕方ありません。

ホワイトニングに期待できる歯の白さの水準はおおむね10段階くらいありますが、明石家さんまみたいにありえないほど白くなることは期待してもそこまで到達しません。

なお、ホワイトニングの薬は体に悪いものではありませんが、過剰反応があるような人の場合は万が一がないとは言い切れませんので、事前に歯科医師に伝えないと責任転嫁できません。

糖尿病と歯周病は普通に考えれば全く関連性がありませんが、実はとても関わりが高いのです。

糖尿病になると生体本能である抵抗力が下がるので、歯周組織が口の中にいる細菌に容易に感染するようになり、その過程で歯周病にもなりやすくなってしまうのです。

また、糖尿の人は唾液が減るので、口の中の状態をアルカリ性に中和する作用が弱くなり、これも虫歯や歯周病につながります。

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が通常よりも下がることがあるので、これが理由となって歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと推測されています。

血糖値が高くても自覚することができませんので、自分が糖尿病であることに気付けない人がほとんどですが、虫歯の治療がきっかけで血糖値が高いことに知ることができるのです。

糖尿病に限った話ではなく、口腔内の健康は全身の状態に直結しているという考え方もあるくらいですから、歯磨きは正しく行いましょう。

歯周病とは、歯石の細菌がもとになって歯に炎症が起き

歯周病とは、歯石の細菌がもとになって歯に炎症が起き、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病をきっかけとして歯がダメになることも多いです。

口腔内には300種類〜400種類の細菌がいますが、細菌が固まると歯垢から歯石となり、やがて歯肉に炎症を引き起こすのです。

歯周病の原因は口腔ケアが不十分なこと以外にもたくさんあり、喫煙、食事、糖尿病、ストレス、薬などです。

歯周病は医学が発達して進行を食い止めることも可能になってきましたが、いずれにしてもまだ完治とはいかないので、大前提として自力で防ぐことが大事です。

そのため、虫歯も歯周病も、まずは歯磨きが全てになりますので、歯科で正しいブラッシングなどを指導してもらい、できるだけかかる前から予防するよう意識すべきです。

歯を白くしたいと思っている人が活用する手段の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングは歯科に通って行うも1つの選択肢ですが、家族に手伝ってもらって行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを1人1人に合わせて作り、その中に歯を白くするための薬を入れたものを2日に1度、3時間くらい装着することで行います。

ホワイトニングは、10日から20日程度でお金を払った甲斐があったと感じるのが普通ですが、しっかりマウスピースを使っていなかったり、ちゃんとはめていなかったりすれば、白くならなくても仕方ありません。

ホワイトニングに期待できる白さの段階は期待を超える場合が多いですが、明石家さんまみたいに普通では考えられないほど白くなることは通常は望まない方が良いです。

なお、使用する薬剤は体に悪いものではないのですが、アレルギーを持っているような人の場合は注意が必要ですので、最初から歯科医師に知らせておくべきです。

フッ素が入った歯磨き剤を我が娘に使うのは危険かも、と悩む親がいるらしいです。

なぜかと言いますと、フッ素を標準より多く摂取すると、斑状歯や骨硬化症などの病態が出るかもしれないので、ということのようです。

フッ素は、標準量を超えるような異常なフッ化物を含有している飲料を飲むことで、健康に悪影響が出る可能性があるのは、歯科医の共通認識です。

ですから、換言するなら、歯磨きで取り入れるくらいの量なら、過剰に気にすることはないというのが一般的な理解ですので心配しないでください。

逆に、フッ素を使用しているということが言い訳になり、うっかり油断してしまい、デザートに甘美な食べ物をたっぷり与えてしまう方が危険です。

歯をみがくノウハウに確信はありますか?

歯をみがくノウハウに確信はありますか?歯磨きは、次の3つのポイントに注意する必要があるそうです。

まず、歯ブラシの毛の先端を歯と歯茎の境目や、歯と歯の隙間にきちんと当て、確実に磨いて歯垢を除去することが大事です。

その次として、歯ブラシを支える手に力を入れすぎてはいけませんので130g〜220gくらいの軽いエネルギーで歯ブラシの先端が広がらない程度にすることです。

最後は歯ブラシを微細に動かし、歯を1つずつ間違いなく磨いていくことなのです。

ハミガキの目的はいっぱいありますが、もっとも大事なのは食べかすを口腔から除去することで、これが出来ないと虫歯の原因となって、70歳で18本以上の歯を維持するのは無理です。

歯垢は水溶性が乏しく、くっつく力があるのでうがいでは除去が無理ですので、歯磨きがどの程度確実に実行できているかが決め手になるとのことです。

歯周病と糖尿病は普通に考えれば何のつながりもありませんが、実はとても関わりがあるのです。

糖尿病になると体の抵抗力が落ちますので、口腔内にいる細菌に歯周組織が感染しやすくなり、その過程で歯周病にもなるというメカニズムです。

また、糖尿の人は唾液の分泌量が減るので、口の中がアルカリ性になるのが遅く、これも虫歯や歯周病につながります。

糖尿病と診断されている歯周病患者を治療することで、血糖値が正常値に近づくことがあるので、これを根拠として歯周病が糖尿病悪化の原因ではないかと推測されています。

高血糖は、糖尿病が進行していない限り自覚症状がありませんので、糖尿病に罹患していても気付けない人がほとんどですが、歯周病と診断されたことで血糖値が高いことに気付くことが珍しくありません。

糖尿病だけでなく、口腔内の状態は全身の健康状態に直結しているという考え方もありますので、ブラッシングは丁寧にしましょう。

歯が汚くて困っている人がすがる思いで利用するのがホワイトニングです。

ホワイトニングは自分で何もしなくていいというのが基本と言えば基本ですが、家族に手伝ってもらって行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを患者の口に合わせて製作し、その中に歯を白くするための薬を入れて毎日2時間くらい装着することで行います。

ホワイトニングは基本的に、10日から20日程度で効果を実感することができるのが一般的なペースですが、毎日マウスピースを使っていなかったり、ちゃんとはめていなかったりすれば、白くならなくても仕方ありません。

ホワイトニングに期待できる歯の白さの水準はおおむね10段階くらいありますが、東幹久みたいなありえないほど白くなることはあまり期待しない方がいいでしょう。

なお、薬剤の原料は健康に悪い影響を与えるものではないのですが、アレルギー体質のような人の場合は心配なので、あらかじめ歯科医師に伝えないといけません。

歯周病とは、歯石の細菌がもとにな

歯周病とは、歯石の細菌がもとになって歯茎に炎症が起き、歯を支える骨が溶ける病気であり、これが原因で歯がダメになることも多いです。

口の中には300種類〜500種類の細菌が棲みついているのですが、これらが固まると歯石となり、歯石は歯肉の炎症へと移行するのです。

歯周病の原因は不十分な歯磨き以外にもたくさんあり、喫煙、食事、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用などがあります。

歯周病は医学の進歩でできるようになってきましたが、どうしても完治は難しいので、大前提として定期的に歯科健診を受けて予防しましょう。

そのため、口腔疾患は、まずは歯磨きが全てになりますので、歯医者さんに歯磨きをちゃんと指導してもらい、できるだけかかる前に予防できるよう努めましょう。

歯みがきの方法論に確信は持っていますか?歯磨きは、これから言う3つのポイントに配慮する必要が有ります。

1つ目として、歯ブラシの毛の先端を歯と歯茎のつなぎめや、歯と歯のあいだに正しく当てて、しっかりと磨いて食べかすを取り除くことが必要です。

2つ目に、歯ブラシを支える手に気合が入りすぎてはマイナスなので100g〜180gほどの軽いエネルギーで歯ブラシの毛が広がらないくらいにすると良いです。

3つ目は歯ブラシを微細に動かし、歯を1本ずつ正しく磨くことです。

歯を磨く必要性はたくさんありますが、一番の理由は歯垢を歯から除去することで、これが出来ないと歯周病の一因となり、70歳で20本以上の歯を残すのは無理と言えます。

歯垢は水溶性がなく、粘着力があるから洗口では除去が無理ですので、歯間ブラシがどのくらいちゃんと行われているかが決め手になるみたいです。

面倒でも歯医者に通うのは、歯の健康を維持する上できわめて重要です。

その理由ですが、初期の虫歯や歯周病は無自覚なことがほとんどで、自分で気付くことはまれだからです。

また、歯磨きだけで歯垢や歯石を100%除去するのは素人には不可能なので、歯科で取ってもらう必要がありますが、ちゃんと分かっている人は4割もいないので、歯医者さんも儲かります。

歯医者での初診時は、レントゲン撮影をすることが多いのですが、これはレントゲンでないと確認できない顎の骨の状態などを見るために行うものです。

半年に一度、歯科検診を受けるのは行きたくないと思っているでしょうが、虫歯の治療をせずに虫歯がどんどん進行してしまい、インプラントなどを利用するよりはずっとマシです。

歯の健康診断は少なくとも年に2回以上は受けて、いつもの歯科を決めて歯医者さんに覚えてもらって、虫歯が出来ても初期のうちに治療すべきです。



Copyright (C) 2014 歯石と歯垢の関係を考察する。歯垢は虫歯菌が住み着くので落とすべきだが失敗すると歯石になる。 All Rights Reserved.
↑先頭へ