歯石と歯垢の関係を考察する。歯垢は虫歯菌が住み着くので落とすべきだが失敗すると歯石になる。

トップページ >> 歯が汚くて困っている人がすがる思いで利

歯が汚くて困っている人がすがる思いで利

歯が汚くて困っている人がすがる思いで利用するのがホワイトニングです。

ホワイトニングは歯科に通って行うという方法もありますが、自分の家で自力で行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを1人1人に合わせて作り、そこに専用のホワイトニング薬を入れてほぼ毎日3時間くらいはめ続けることで行います。

ホワイトニングは基本的に、2週間もあれば変わったと思えるのが標準なのですが、真面目にマウスピースを使っていなかったり、ちゃんとはめていなかったりすれば、白くならなくても仕方ありません。

ホワイトニングで得られる白さの段階はおおむね10段階くらいありますが、明石家さんまみたいに不自然なほど白くなることは期待してもそこまで到達しません。

なお、薬剤の原料は健康への悪影響はないのですが、過剰反応があるような人の場合はパッチテストが必要なので、最初から歯科医師に伝えておきましょう。

歯磨き粉で迷ったら、発泡剤が不使用と明記されているものが望ましいです。

発泡剤が良くな理由は、歯を磨いた時に口の中が泡で満たされるため、理想的な歯磨きが出来たと思いがちですが、その勘違いは正した方がいいです。

むしろ、口の中が泡でいっぱいになることで歯の汚れが全然見えないので、汚れを落とすべきところをきちんと磨くことができないというデメリットが生じてしまうのです。

ブラッシングは口腔環境を改善することがゴールですから、その目的に対して悪影響を与えるものが含まれている歯磨き粉がおすすめできないのは仕方ないです。

歯磨き粉の成分には多くのものがありますが、おすすめできないものはこの他に研磨剤も良く取り上げられます。

研磨剤は歯の表面を削ってしまうので、目先には歯が白くなったような気分になるのですが、ずっと続けていると歯の表面に着色してしまう理由になるのです。

歯磨き剤は使わなくても良いと言っている歯医者さんもいるくらいなので、少なくとも不十分な知識で判断するのはやめた方がいいです。

フッ素を用いた歯磨き剤を子どもが使わせるのは危険でしょ?と気を揉む親御さんがいるとのことです。

そのワケは、フッ素を過剰に摂取すると、斑状歯や骨硬化症などの病状が出てくるかもしれないから、ということのようです。

フッ素は、基準値を超すような異常なフッ化物の含有量が認められる飲み物を飲むことで、体に悪影響が出る可能性があるのは、お医者さんの統一見解です。

ですから、言い換えれば、歯磨きから取り入れる程度の量であれば、そんなに考えすぎることはないというのが定説ですので気にしないでください。

逆に、フッ素を使っているのが理由で、つい甘くなってしまい、食事に糖質の多いものをたっぷり食べさせてしまう方が問題です。


Copyright (C) 2014 歯石と歯垢の関係を考察する。歯垢は虫歯菌が住み着くので落とすべきだが失敗すると歯石になる。 All Rights Reserved.
↑先頭へ