歯石と歯垢の関係を考察する。歯垢は虫歯菌が住み着くので落とすべきだが失敗すると歯石になる。

トップページ >> インプラントとは、簡単に説明すると顎の

インプラントとは、簡単に説明すると顎の

インプラントとは、簡単に説明すると顎の骨に人工歯根をつけ、そこに人工の歯を植える。

歯周病や怪我が原因で歯を失った箇所に人工の歯の根っこをつけ、その上に人工の歯を取り付けるわけです。

インプラントは健康保険が使えないためとても費用が高く、1本の価格は30万円〜40万円になるのも珍しくありません。

高いと感じる人の方が多いかもしれませんが、インプラントは技術の習得など色々大変で初期費用がかなりかかるため、納得して支払うほかありません。

インプラントが凄いのは、単なる入れ歯とは違い、歯や歯茎にかかる負担を少なくすることが可能な点です。

真面目に経営している歯医者であれば先に大事なことを解説してくれますので、早まらず十分話を聞いて、納得してから治療を受けましょう。

フッ素を用いた歯磨き剤を我が子に使うのは危険かも、と心配をする父親が多くいます。

なぜかと言いますと、フッ素をあまりにも多く摂ってしまうと、斑状歯や骨硬化症と言った病状が出てくるかもしれないから、とのことです。

フッ素は、基準値を超えるような異常なフッ化物を含んでいる飲み物を飲んだことで、歯の状態に悪影響が出る危険性があるのは、お医者さんの共通認識です。

ですから、換言するなら、歯磨き剤から取り入れる程度の量だとしたら、あんまり考えすぎる必要はないというのがノーマルな考え方心配しないで大丈夫です。

むしろ、フッ素を使っているのが理由で、ついつい甘くなってしまい、おやつに甘いものをたくさん食べさせてしまう方が危険です。

歯周病とは、歯石に棲みついているストレプトコッカス・ミュータンス菌がもとになって歯茎に炎症が生じ、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病がもとで歯を失うことにもつながります。

大人の口内には200種類〜400種類くらいの種類の細菌がいるのですが、細菌が固まると歯垢から歯石となり、次第に歯肉の炎症につながってしまうのです。

歯周病の原因は不十分な歯磨き以外にも複数存在し、喫煙、食事、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用などがあります。

歯周病は医学が発達して可能になってきましたが、依然として治療することはできないので、大前提として自力で防ぐことが大事です。

そのため、口腔疾患は、まずは歯磨きをちゃんとしないことには防げませんので、歯科医院で正しいブラッシングなどを指導してもらい、できるだけ未然に予防するよう努力しましょう。


Copyright (C) 2014 歯石と歯垢の関係を考察する。歯垢は虫歯菌が住み着くので落とすべきだが失敗すると歯石になる。 All Rights Reserved.
↑先頭へ