歯石と歯垢の関係を考察する。歯垢は虫歯菌が住み着くので落とすべきだが失敗すると歯石になる。

トップページ >> 明石家さんまみたいな歯にしたいと

明石家さんまみたいな歯にしたいと

明石家さんまみたいな歯にしたいと願う人が活用する手段の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングはすべて歯医者さんにおまかせという方法もありますが、自宅で行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを1人1人に合わせて作り、そこに薬剤を入れたものを毎日3時間くらいはめ続けることで行います。

ホワイトニングは、2週間もあればお金を払った甲斐があったと感じるのが標準なのですが、真面目にマウスピースをはめていなかったり、時間が不足していれば、白くならなくても仕方ありません。

ホワイトニングに期待できる歯の白さの水準は期待を超える場合が多いですが、東幹久みたいな不自然なほど白くなるのは期待してもそこまで到達しません。

なお、使用する薬剤は健康への悪影響はないですが、過剰反応があるような人の場合は注意が必要ですので、最初から歯科医師に伝えないと責任転嫁できません。

フッ素が入った歯磨きを我が子に用いるのは危険なのか、と考える親御さんが多くいます。

そのワケは、フッ素を大量に摂ると、斑状歯や骨硬化症と言った病状が出てくるかもしれないので、みたいです。

フッ素は、常識を大幅に超える異常なフッ化物を含む水分を飲んだことで、体に悪い影響がある可能性があるのは、歯科医の共通認識です。

しかし、言い換えれば、歯磨き粉から摂取するくらいの量なら、過剰に気にする必要性はないというのがノーマルな考え方心配しないで問題ありません。

反対に、フッ素を使っているのが理由で、うっかり厳しくしないでしまい、おやつに甘いものを多めに与える方がよっぽど危険です。

歯ブラシの交換をする間隔は人によって違いますが、歯科医が推奨しているスパンは意外と短く、4週間です。

ハブラシは見た目には汚くなくても、時が経つと毛先に目に見えない細菌がたくさんつきますので、想像以上に汚れているのです。

また、毛先が開いた状態だと歯と歯のすきまにブラシが到達しなくなり、食べかすをちゃんと除去することができません。

歯ブラシは毛先のやわらかさに個性が色々ありますが、やはりやわらかめのものを選ぶのが無難です。

お金に余裕のあるお客をターゲットにして、品質の良い歯ブラシも売られていますが、ハブラシには1本1本に予算をかけるのではなく、月1で交換するのがベストです。

ブラッシングが確実にできれば歯の再石灰化が作用し、虫歯になりにくくなりますので、軽く見ないで今のうちに一生懸命学習した方がいいです。


Copyright (C) 2014 歯石と歯垢の関係を考察する。歯垢は虫歯菌が住み着くので落とすべきだが失敗すると歯石になる。 All Rights Reserved.
↑先頭へ