歯石と歯垢の関係を考察する。歯垢は虫歯菌が住み着くので落とすべきだが失敗すると歯石になる。

トップページ >> 笑った時の歯の色にコンプレックスを

笑った時の歯の色にコンプレックスを

笑った時の歯の色にコンプレックスを持つ人が検討する方法の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングはプロにやってもらうという方法というやり方もあるのですが、自宅で行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを患者の口に合わせて製作し、そこにホワイトニングのための薬剤をほぼ毎日90分くらいはめ続けることで行います。

ホワイトニングは基本的に、2週間もあれば変わったと思えるのが標準なのですが、しっかりマウスピースをはめていなかったり、時間が不足していれば、効果が出ないこともあります。

ホワイトニングで実現できる白さの段階は8段階くらいに分けることができますが、明石家さんまみたいにありえないほど白くなるのは通常は望まない方が良いです。

なお、ホワイトニングの薬は健康への悪影響はないですが、過剰反応があるような人の場合はパッチテストが必要なので、あらかじめ歯科医師に伝えておきましょう。

インプラントとは、分かりやすく説明すると顎の骨に人工歯根をつけ、そこに人工の歯を植えるのことです。

虫歯や歯周病が原因で歯を失った箇所に人工の歯根を埋め込み、その場所に歯を重ねるのです。

インプラントは健康保険の適用外であるためとても費用が高く、1本ごとの値段は20万円〜45万円もかかります。

そんなにバカ高いのかとお思いかもしれませんが、インプラントは技術の習得など色々大変で多くのコストがかかりますので、歯科医院側の都合も理解しましょう。

インプラントのメリットは、単なる入れ歯とは違い、口腔内の全体に与える影響を抑えることができることです。

真面目に経営している歯科医であれば先に大事なことを解説してくれますので、治療を受ける前に理解できるまで質問して、納得してから治療を受けましょう。

歯医者に時々自分の歯を診てもらうのは、死ぬまで自分の歯で食べたいならとても大事です。

なぜかと言うと、初期の虫歯や歯周病は自分ではわかりづらく、気づかないうちに進行するからというのが理由です。

また、歯垢を日々の歯磨きで完全に取り除くことは難しいので、歯医者さんにやってもらうべきですが、ちゃんと分かっている人は4割もいないようです。

初めてかかる歯科ですと、不思議とレントゲンを撮影することが多いのですが、これは触診だと十分に分からない骨の健康状態を確認するためのものです。

定期的に検診を受けるのは行きたくないと思っているでしょうが、虫歯を放置することで歯がダメになり、インプラントなどを利用するよりは良いと思うのですが、いかがですか。

歯の健康診断は最低でも半年に1回くらいは受け、通い慣れた歯医者を作ってデータを蓄積しておいてもらって、虫歯が出来ても初期のうちに治療すべきです。


Copyright (C) 2014 歯石と歯垢の関係を考察する。歯垢は虫歯菌が住み着くので落とすべきだが失敗すると歯石になる。 All Rights Reserved.
↑先頭へ