歯石と歯垢の関係を考察する。歯垢は虫歯菌が住み着くので落とすべきだが失敗すると歯石になる。

トップページ >> 歯ブラシの交換をする間隔はその人次第ですが、歯医者

歯ブラシの交換をする間隔はその人次第ですが、歯医者

歯ブラシの交換をする間隔はその人次第ですが、歯医者さんが良いと考えるスパンは結構わずかで、1ヶ月くらいです。

歯ブラシは見た目には清潔そうでも、時間が経つと毛先に目に見えない細菌が数多くつきますので、素人の想像を越えて不潔なのです。

また、毛の先端が開くことによって歯と歯のすきまに先端が届きませんので、食べかすをちゃんと取り除くことが不可能になるのです。

歯ブラシは毛先の硬さに個性がありますが、どちらかを選べと言われればやわらかめのものを使うのが良いでしょう。

お金持ちのお客さんを狙って、上等な歯ブラシも売られていますが、歯ブラシには1本1本にお金を使うのではなく、毎月交換するのがベストです。

ブラッシングが正しく出来ると歯の再石灰化が行われ、歯周病になりにくくなりますので、その価値を理解して一度はきちんと勉強した方がいいです。

歯みがきの方法に確信は持っていますか?歯磨きは、これから言う3つの点に配慮する必要があるみたいです。

まず、歯ブラシの毛の先端を歯と歯茎の境界や、歯と歯のスキマに確実に当て、きちんとブラッシングをして歯垢を除去することが肝心です。

2つ目に、歯ブラシを握る手に力を入れすぎてはいけませんので100g〜220gほどの軽いエネルギーで歯ブラシの毛が広がらない程度にすることです。

最後は歯ブラシを小刻みに動かして、歯を1本1本磨き残しなく磨くことです。

ハミガキの理由はたくさんありますが、一番の理由は歯垢を口腔から取り除くことで、これがうまくいかないと歯周病の一因となり、80歳で18本以上の歯を残すのは不可能です。

歯垢は水溶性がなく、粘着力があるので洗口だけでは除去が無理ですので、歯磨きがどの程度確実に実行できているかが決定打になるとのことです。

明石家さんまみたいな歯にしたいと願う人が検討する方法の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングはすべて歯医者さんにおまかせという方法もありますが、家族に手伝ってもらって行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、患者専用のマウスピースをまず作り、そこに専用のホワイトニング薬を投入して週に5回ほど、2時間くらいはめ続けることで実行します。

ホワイトニングは、10日から20日程度で白くなったと感じるのが普通ですが、しっかりマウスピースを使っていなかったり、面倒でさぼったりすれば、もっとかかることもあります。

ホワイトニングに期待できる歯の白さの水準はおおむね10段階くらいありますが、東幹久みたいな異常なほど白くなることは期待してもそこまで到達しません。

なお、ホワイトニングの薬剤自体は健康への悪影響はありませんが、過剰反応があるような人の場合は注意が必要ですので、最初から歯科医師に伝えないと責任転嫁できません。


Copyright (C) 2014 歯石と歯垢の関係を考察する。歯垢は虫歯菌が住み着くので落とすべきだが失敗すると歯石になる。 All Rights Reserved.
↑先頭へ